2017/06/05

Simulator コクピット 3D

コクピットのポジションを採寸して3Dを作り直した。3Dソフトは非商用利用なら無料の SketchUp Make 2017。SUSフレームみたいな直方体なら作図が超簡単、住宅の間取り設計とかにとっても使いやすい。とはいえ、採寸やら作図にまるっと1日半かかった。せっかくなので、こちらに置いときます(近日、登録)。コクピの寸法検討に使ってもらえると嬉しいです。

HEペダルの3Dが手に入らず、ペダルは実際とは異なります。




Sim LAB のモーターマウントは、吊り下げて使うとステアリング傾角が足りなくて、SUSフレームで傾斜をつけないといけない。水平なフレームに吊り下げたい所。


ステアリングホイールとモーターの間の寸法メモ
  • ステアリング取り付け面〜Q1Rホイールサイドの面まで(スイッチプレート、基板、パドルプレート) 32mm
  • Q1R 50mm
  • SimLAB エクステンション 104mm
  • エクステンション〜モーター 54mm(シャフトへのブッシュの取り付け位置による)


後ろから

メーターを出来るだけ表示したくてモニターを低めに置いてます。目の位置よりモニター画面中心が実測で40mmほど下。以前はもう20mm下にモニターを置いていて、画面の折れ部分で画像が歪んでた。上にあげたらだいぶよくなった。


上から。27インチモニターを45°に置いて、全幅151cmです
  • Motor: MiGE small
  • Motor Mount: Sim LAB
  • Monitor: ASUS 27inch tripple
  • Pedal: Schetchup 3D warehouse にあったペダル
  • Shifter: Fanatec ClubSport Shifter SQ
  • Seat Rail: RECARO Suzuki Swift用

2017/05/29

Switch Box

レースシミュレータ用のボタンボックスの工作。USBコントローラーは今回もLeo BodnarBBI-32 with connectors


完成写真

SUSフレームに余ってたモニターアームのVESA100x100接続部を使って取り付けた。
  • トグルSW 5個 x2ch
  • プッシュSW 10個
  • ロータリーエンコーダー 5個 x2ch(内2個はプッシュSW機能も結線)

の計32ch


こちらはt2mmアクリルの加工失敗品。

型紙をスプレー糊で貼って穴あけ。アクリルをカッターで切り目を入れて切断するときに写真の右下の角を割っちゃった。


t2mmのアルミ板で再製作。169mm×119mm

カーボンフィルムは 3M ダイノック CA-1170。今回は艶ありのこちらにしてみた。

t2mmのアクリルは、ボタンを押すとたわみがあったのでビス止め穴にアルミアングルを共締めしようと思ってたけど、アルミは剛性があってよいですね。


ケースはタカチ電器工業 TW13-5-18G(W175 x H125mm x D65mm)の本体側だけを使用(ミスミへのリンク)。もちょっと薄い厚み45mmのケースにしたかったけれど、10mmほど収まらなかった。

ケース裏にドリルとヤスリで四角い穴を開け、今回もゴムグロメットを使ってUSBケーブルのコネクタを通す


BBI-32 の基板は、アルミのプレート側に付けることにした。アルミのアングルを曲げた基板を載せるステーを作って、プッシュSWで固定。


配線は、今回は少し太めの24AWGを使った。BBI-32のコネクターの推奨径が24AWG〜20AWGだったから。



メモ
ロータリーエンコーダー23番〜32番につないで、LeoBodnar のEncoder Configuration Software で 1:1 を選択設定。


parts list
Switch
ミヤマ電機 DS193 (モノタロウへのリンク)
ミヤマ電機 トグルSWx3  MS-500E-B (モノタロウへのリンク)
ミヤマ電機 トグルSWx2  MS-500E-MF-K (モノタロウへのリンク)

Rotary Encoder
PEC11R-4115F-S0018 (Bourns, 18PPR クリック/360°)

AL5052アルミ板 きりいたドットコム